アボメイの王宮群



アボメイの王宮群

アボメイの王宮群はアフリカのベナンにある世界遺産で、ここはベナンで初めて登録された世界遺産です。17世紀初頭から約300年にわたり、アボメイ王国は奴隷貿易により繁栄しました。現在は12の宮殿遺跡が点在し、現存する2つの王宮は1944年以降は歴史博物館として、ゲゾー王時代のタペストリーなどを展示しています。1984年の竜巻によって大きな損害を受け、1985年に危機遺産リストに登録されましたが、世界遺産基金の支援などを受けて、2007年に無事危機遺産リストから解除されました。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す