ザンクト・ガレン修道院



ザンクト・ガレン修道院

ザンクト・ガレン修道院はスイス北東部の同名の町、ザンクト・ガレンにある修道院です。ザンクト・ガレンの町は、キリスト教の神学研究の拠点としてヨーロッパ中に知られる町です。612年に修道士ガルスがつくった小さな庵に始まり、8世紀に正式に創設されました。

文化と科学知識が集結された学問の総本山として、16万冊にのぼる貴重な写本や稀観書といった図書館の蔵書とあわせて中世ヨーロッパにその名を轟かせていました。現在の修道院は、18世紀に改装されたはバロック建築の傑作といわれる美しいものになっており修道院としての機能はおえましたが、今でも付属図書館の蔵書は解放されています。
図書館に残る重要な文献や美術品、9世紀に描かれた建築設計図などもあわせて文化遺産登録となりました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す